やまと通信     3月号
                             Vol.58
〜 感 謝 〜
 
 おかげさまで、やまと学院.も、6年目を迎えることができました。
 このことは、何よりも、生徒のみなさんと保護者のみなさんに感謝したいと思います。私は現在、友人とお酒などを飲んでいるときよりも、テニスや釣りなどをしているときよりも、塾の授業をしている時間やテキスト選びやプリント作りをしているときのほうが、楽しいんです。自分でも少し変わっているなあと思いますが、それが事実なんです。
 しかし、それは、毎日元気に笑顔で通ってくれ、塾でもいやいや勉強に取り組むのではなく、かなり前向きに勉強に取り組んでくれる生徒達がいて、初めてそういった幸せな気持ちになれるのだと思います。本当にこの6年間に、やまと学院.に通ってきてくれた、そしていま通ってくれている生徒さん達には、感謝、感謝です。
 また、現在は200点でも400点をねらえる塾と謳っておりますが、現実的には大変難しいことです。200点が300点以上になるだけでも1年以上は優にかかります。しかも1年後くらいに急に100点近く上がることは度々ありますが、その間の1年間は、ほとんど上がりません。それはそういうものなので仕方がないのですが、安くはない授業料を払っていらっしゃる保護者の方からすれば、大変歯がゆい1年間だと思います。しかし、それでも私どもとお子さんを信じて、やまと学院.に通わせていただいてきた、そしていまも通わせていただいている保護者のみなさんにも、本当に感謝しております。しかもこの感謝は、私どもを信じて下さっていることへの感謝とともに、ご自分のお子さんですが、そのお子さんに対しても信じて下さっているという感謝でもあります。他人のお子さん以上に、ご自分のお子さんを心底信じるということは、難しいことだと思いますが、多くの保護者の方がそうしてきて下さったことは、本当に感謝します。

精進
 毎日楽しんで仕事をしているかいもあり、ここ1、2年でようやく自分の理想の塾に近づいてきたような感じがします。テキスト、プリント類にしても、その使い方にしても、まあまあできあがってきたような感じがしております。
 ただ、それでもまだまだ生徒のみなさんの力を100%引き出してあげられていないという思いが、かなりあります。とくに、定期テストで200点〜300点ぐらいの生徒さんの力をもっと伸ばしてあげられたらなと思うのですが、どうしても満足できる結果が出せません。やまと学院.に期待をしてきていただいているみなさんには、本当に申し訳なく思います。
 今年度も日々精進し、テキストやプリント類、授業の進め方、そして何よりも、生徒のみなさんの気持ちをいかに前向きにしてあげられるかということを極めていけたらと思います。
 
将来
 塾で勉強(受験勉強)を教えているので、とくにそう思うのでしょうが、本当に勉強(受験勉強も含めて)は大切なものなのだと思います。私は、現代日本は歴史上でも地理上でも、かなり住みやすい国だと思っています。しかし、それでも悪徳商法などは猛威をふるっていますし、行政の人たちもかなり国民を、市民をいじめています。そういったことを見極めてるにも、勉強がとりもなおさず重要ですね。
 従来の暗記中心の勉強も大変重要ですので、これはこれで続けていくべきですが、これからは、もう少し時代にあった、時代に必要な勉強、たとえばメディアリテラシーなどもやっていくべき時代に来ているとは思います…
 やまと学院.では、今後大学の先生などの協力を仰ぎながら、従来の受験勉強だけではなく、新しい学習なども、ご提案していきたいなあと思っております。
 どこまでできるか分かりませんが、今後もやまと学院.にご期待していただくとともに、よろしくお願い致します。

 

 Home   やまと通信の目次へ