やまと通信

7月号

〜 掃 除 〜

Vol.74

 

現在、中学生の皆さんは、期末テスト勉強の真っ最中です。体に悪いとは思いつつ、毎日、頭に血を上らせております。と言いますのも、テスト前1週間、数日前だというのに、宿題すらやってきてくれない生徒さんがいるんです… 怒ってはいけない、汚い言葉や否定的な言葉は使ってはいけないと頭では分かりつつ、今日も、何人かの生徒さんを怒り、罵声を浴びせてしまいました… どうしたら、そういった生徒さんに、勉強の大切さ、努力することの大切さを分かってもらえるのでしょうか… 7年も塾の講師をやらせてもらって、いまだにその答えが見つかりません。情けないですね。
たしかに、私も他人様を怒れるほど、学生時代に努力したわけでもありません。しかし、社会を知れば知るほど、学歴の大切も分かりますし、努力すること、自主的にいろいろと学ぶことの大切さが分かってきます。
ですから、そのことを何度も何度も生徒の皆さんに語っているのですが…なかなか伝わらないものですね。(^_^;) でも、私の仕事は、来ていただいている生徒さんたちの成績を上げることです。そのためにも、あきらめずに、何度でも何度でも、保護者の方や生徒さんにあきらめられるまで、きらわれるまで、伝え続けようと思っております。

トイレ
皆さんは外食されるときのお店選びには、どのような点を注目しますか?もちろん一番の注目ポイントは、味と値段でしょうね。しかし、私は必ずもう一つチェックポイント決めています。それは、「トイレ」です。サービス業の基本は、お客様への心づくしです。お料理やお皿に気を遣うのは当然ですが、少しでも気が抜けてくると、掃除というものへ気遣いができなくなってくるからです。つまり、トイレ掃除が完璧にできているお店は、味や素材や接客などにも十分に気を遣っている可能性が高いと判断できると思うのです。ですから、トイレが綺麗であると言うことは、そのお店はまた来る価値のあるお店だと判断できると思っています。

バロメーター
そこで、私自身を振り返ってみますと、やはり同じことが言えます。今月のように、テスト前になりますと、休みもありませんし、常に気が張っていますので、知らず知らずのうちに、心身ともに疲れてきます。すると、どうしても掃除をさぼりたくなってしまいます。そうなってきますと、やはり、少しずつ授業の集中力が薄れてきたり、塾の運営面でもちょこちょことミスが出てきてしまいます。
ですから、最近は、逆に、掃除への意欲を自分の心身のバロメーターとして使っています。掃除がしたくなくなってきたら、ミスを犯す可能性が高くなっているので、今日は(今週は)、いつもよりも慎重になろう、授業をいつも以上に気合い入れて頑張ろうと自分に言い聞かせています。
…なんだか、今月はとりとめのない話で済みません。

 Home   やまと通信の目次へ