やまと通信 8月号 やまと通信

〜 60 × 60 〜

8月号
Vol.123





いよいよ夏期講習が始まりました。

この1ヶ月間で強固な基礎学力をみなさんに付けていただきたいと思います。中学3年生のみなさんは5科目全部頑張る必要がありますが、1,2年生のみなさんは英語と数学をとにかく頑張って下さい!!

理科と社会に関しては、3年生になってからでも努力次第で何とかなります。しかし、英語と数学に関しては、3年生になってからやり直すのは非常に難しいのです。(無理なことはありませんが、理科や社会の倍以上の努力を要します。)

そこで今年の夏期講習は、英語と数学の基礎学力ができていないと思われる生徒さんたちには、徹底的に英語と数学を勉強していただこうと思います。大変だとは思いますが、どうか宿題を完璧にこなし、集中して授業に望んで下さい。よろしくお願いします。


個人面談

先日まで個人面談をやらせていただきました。今年も皆様から貴重なご意見、貴重なお話を聞かせていただきました。本当にありがとうございます。

個人面談のときに最近の合格実績を聞かれ、改めて調べてみましたが、

過去5年分で偏差値60以上の高校への合格実績(公立・私立)は、5年前25%、4年前60%、3年前40%、2年前15%、昨年60%となります。また、現在の中学3年生は期末テスト50%(実力テスト70%)、2年生20%、1年生35%程度が偏差値60を超えています。2年生に関してはあと少しで50%超えるでしょうし、1年生は80%超えることも可能だと思っています。


60×60

今までは何となく生徒さんたちに偏差値60以上を取ってもらおうと頑張ってきましたが、今後はもっとはっきりと数字で目標を立てようと思います。それは、全塾生の60%が偏差値60を超えるように、そして勉強が苦手な生徒さんでも3年生になるまでには、偏差値50(平均点)以上を超えるように日々の学習をしていくと言うことです。

ちなみに偏差値60というのは、全受験生の上位15%に当たります。六実中学校は各学年およそ250人程度いますので、30番以内が目標ということになります。(よく六実中学校はレベルが低いと聞きますが、そんなことはありませんので、ご安心下さい。)

しかし、ただ60×60を目指すと言いましても、かなり難しい挑戦であります。ですから、1,2年生に関しては、最低でも英語と数学だけは偏差値60を超えるようにしていきたいと思います。


実現するためには…

上記の大きな目標を達成するためには、

@宿題を完璧にこなす。(偏差値 〜55)
A問題と解法手順を丸暗記する。(偏差値 〜60)
B解法手順の理由を深く考え、理解する。(偏差値 60〜 )

が必要です。そしてそれらに対して塾がすべきことは、
@それぞれの生徒さんに合うテキスト・プリントを選択・作成。
Aそれらの教材をいつ、どの順番で使うのかを決める。
B生徒さんがわからない問題の解法手順、解法理由を教える。
Cできない問題、苦手な問題を繰り返し解くように促す。

とくに現在の1,2年生のみなさんに必要なことはCかと感じております。ですからこの1ヶ月間妥協することなく、叱咤激励をしながら、何とか今の壁を越え、偏差値60を取ってもらえるように頑張っていきたいと思います。


  やまと通信8月号